• ホーム
  • 淋病に感染したら放置せずにきちんと治療をしましょう

淋病に感染したら放置せずにきちんと治療をしましょう

有名な性感染症のひとつに淋病を挙げることができますが、病気になったかもしれないと気づいても病院に行ったり検査を受けたりすることが嫌で放置してしまう人もいます。ですが、淋病は放置していても自然治癒することはありませんし、早く治療を進めなければ症状が悪化して男性も女性も不妊などの原因をつくってしまう可能性があるのです。淋病に感染した時は医療機関を受診したり検査を受けたりすることによって、適切な治療が受けられるようにしてください。

淋病に感染した場合は男性であれば尿道の炎症、女性であればおりものの変化などで病気を察知することができます。ただし、人によっては無症状であることもあり、特に女性は程度が軽かったり自覚症状があらわれなかったりすることがあるので注意してください。淋菌は感染力が高いので、パートナーとセックスをする時に簡単にうつってしまう可能性があります。カップルのどちらかが感染していると、もうひとりも感染してしまうケースが多いので、ふたりとも感染することがないように気をつけておきましょう。

淋病を患ってしまった場合は、症状に応じて筋肉注射や静脈注射が行われることが多いです。筋肉注射や静脈注射を行えば1週間ほどの治療期間で治ることもあります。治療薬の効果には個人差があり、治療期間が1週間で済む人もいれば、もっと長い期間が必要になる人もいますので、しっかりと治るまで治療を継続するようにしてください。感染力の強い淋病は放置していても自然治癒することはできません。筋肉注射や静脈注射は自分で行うことができないので、注射によって症状を改善したいと考えるのであれば、医療機関を訪れるようにしましょう。

淋病は抗生物質で治療を行うことも可能なので、病院で処方してもらった治療薬を服用するか、ネット通販で購入したものを服用するようにしてください。淋菌に効果のある治療薬はひとつだけではありませんので、自分に適している治療薬を探して利用するようにしましょう。注射と異なって抗生物質であれば、自分で購入して服用することができるので、病院に行かない場合は自分で購入すると良いです。

淋病を放置しておくと、男性の場合は精巣上体炎から無精子症を引き起こすことがあります。女性の場合は卵管炎から子宮外妊娠や不妊症を起こすこともあり、男性も女性も症状を放置しておくことで不妊の原因となる可能性があるのです。不妊以外にも重篤な病気を招く危険がありますので、感染してしまった場合はすぐに治療を開始して危険な病気を誘発しないようにしてください。この病気はパートナーからうつることも多いので、ふたりで感染経路や症状、治療法などについて理解を深めておくことが大切だと言えます。予防していても感染してしまったという時には、その恐れがある人だけ病院に行くのではなく、ふたりとも検査を行わなければ病気を見逃してしまう可能性が高いので注意しましょう。