• ホーム
  • 口唇・性器ヘルペスにはバルトレックスが第一選択薬とされる

口唇・性器ヘルペスにはバルトレックスが第一選択薬とされる

病原体

ウイルスが原因となって発症する感染症に、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。単純ヘルペスウイルスの1型に感染すると口唇、2型に感染すると性器に症状があらわれ、水ぶくれや赤いブツブツが生じるようになるでしょう。個人差があるので軽傷でそれほど困らないという人もいれば、口内にできた水ぶくれやブツブツが痛くてごはんを食べられないという人もいます。残念ながらこの病気のウイルスは根絶することができませんので、治療薬を服用することで症状を抑制しなければなりません。

ヘルペスを発症している人にはバルトレックスやゾビラックスが処方されることが多いですが、バルトレックスが第一選択薬として処方されることが多いです。ゾビラックスなど他の治療薬よりも吸収率が高くて服用回数が少ないという理由があるため、バルトレックスの成分にアレルギーがないのであれば、これが処方されることが多いと言えます。バルトレックスやゾビラックスにはウイルスの増殖を抑える効果がありますので、それまで起こっていた症状を緩和し、ウイルスの活動を抑制することができるのです。

ヘルペスは再発を繰り返してしまう感染症ですが、バルトレックスを服用し続けることで再発を抑制する効果が得られます。ただ症状を改善するのではなく、継続して服用することでウイルスボリュームを少なくすることができるので、再び症状があらわれにくくなるというわけです。早い時期から服用することで、その効果はより高いものとなるでしょう。その時に感じていた症状が消えたら服用をやめてしまう人もいますが、再発を繰り返してしまうようであれば長期にわたってバルトレックスを服用し続ける再発抑制療法を取り入れることも視野に入れると良いです。

ヘルペスに感染すると最初は軽傷だと思っていたとしても、水ぶくれやブツブツのせいで強い痛みを感じて日常生活に支障をきたす場合もあります。早い時期に感染していることに気づいて症状を改善すれば、なるべく早く痛みやかゆみから解放されることができるはずです。初回に感染した時よりも再発時は痛みなどが軽くなると言われていますが、それでも人によってはごはんが食べられなくなることもあるほど強い痛みを感じることもあるので、早く治療を開始できるようにしてください。

ヘルペスを放置しておいても自然に治癒することはなく、反対に症状が悪化してしまうこともあります。悪化すると口内や性器の痛みが長期間続くことになるので、長い時間苦しい思いをすることになるでしょう。感染してしまった恐れがある時や症状があらわれた時には、医療機関を受診したり検査をしたりしなければ、症状が進行して治療が難しくなってしまうかもしれません。自分が苦しむだけではなく、ヘルペスはパートナーや家族に感染する可能性が高い感染症のひとつなので、病気の自覚があらわれた時にはすぐにバルトレックスで治療を開始できるようにすると良いです