• ホーム
  • 公衆トイレや公衆浴場でも性病に感染することはあります

公衆トイレや公衆浴場でも性病に感染することはあります

女性を診ている医者

性病は性行為だけが発症する理由ではありませんので、セックスデビューしていないような子供や普段セックスをすることがあまりないという人でも感染することがあります。たとえば、公衆浴場や公衆トイレを利用した時にも感染することがあるので注意が必要です。公衆浴場の椅子やサウナの座り場、トイレの便座などには病原体が付着していることもあります。病原体が付着している場所に座ってしまうと性器や肛門から病原体が身体の内部へと入り込み、発症してしまう可能性があるのです。

体調不良や生理中など、体力が落ちていることで感染する性病もあります。もともと体内に存在する菌が体調不良や生理中、体力の低下が原因で活性化されてしまい、症状を起こすこともあるのです。これも性行為が原因ではありませんから、セックスデビューしていない子供でも発症することがあります。このような原因での発症は、身体の免疫力をアップさせるような生活を意識することで予防につなげることができるでしょう。

近頃は管理が徹底されているので事故が起こりにくくなっていますが、昔はワクチン接種で性病に感染することもありました。ワクチン接種用の注射器を使い回したことが原因で、性病の被害が拡大したことがあるのです。注射器は身体に針を刺すわけですから、そこから注射器の内部や針に病原体が付着してもおかしくはありません。現在では注射器の使い回しをしないように徹底的な管理がなされていますが、外国などでは今も注射器を使いまわしているような場所もあるので注意しておきましょう。

性行為以外が原因となる性病は、公共の施設を利用した時に起こることが少なくありません。公衆トイレや公衆浴場を利用したことがあるという人は多いと思いますが、利用する時には気をつけておかなければ、知らず知らずのうちに病気をもらってしまう可能性があるのです。便座や椅子、座り場などに病原体が付着していたとしても、目でそれを把握することはできません。その場所に病気の原因が存在するかどうかは誰にもわかりませんので、公衆浴場を利用する場合は座る場所にお湯をかけるようにしたり、トイレを利用する時にはアルコール除菌シートで拭きとったりすることが予防につながります。

セックスデビューしていなければ性病にならないと思っている人もいるかもしれませんが、実際は性行為を行ったことがないような子供でも性病になることがあるので注意しておきましょう。免疫力の低下による自己感染もありますが、外部から病原体をもらう場合は公衆浴場や公衆トイレなど公共の施設を利用したタイミングが多いと言えます。年齢や性別に関係なく、誰でも病原体を体内に取り込んでしまう可能性がありますので、公共の施設を利用する場合には特に注意しておくようにしてください。子供と一緒に利用する時には、椅子にお湯をかけたり便座をアルコール除菌シートで拭いたりするように指導すると良いです。