• ホーム
  • ジスロマックは最強です!この薬でクラミジアを完治させよう

ジスロマックは最強です!この薬でクラミジアを完治させよう

薬を飲んでいる女性

日本国内での感染者が最も多い性病として、クラミジアを挙げることができます。国内には40万人以上も感染している人がいるため、性行為を行う人であれば、いつ誰が感染してもおかしくないと言うことができるでしょう。クラミジアは放置しておくと重症化しやすい病気のひとつでもあり、治療をせずにそのままにしておくと妊娠や出産にも大きな影響を与えます。とても危険な性感染症だと言うことができるので、感染した場合はジスロマックで完治させることが必要です。

ジスロマックは、病院で第一選択薬として処方されることが非常に多い治療薬であり、クラミジアを効果的に治療できることで知られています。クラビットも効果がある治療薬のひとつですが、ジスロマックの成分にアレルギーがあるなどの特別な事情を除くと、クラビットよりもジスロマックを処方されることのほうが多いです。とても効果の高い治療薬なので、感染しているとわかった時には、一刻も早くこの治療薬で症状を改善するようにしましょう。

クラミジアには症状を認識しづらいという特徴があり、発症しても無症状で感染に気づかないことがあります。けれども、発症していることに気づかずに病気を放置してしまうと症状が悪化したりパートナーにうつしてしまったりすることになるでしょう。症状が悪化すると不妊症の原因となることもありますが、それだけではなく妊娠中の女性が感染したままだと出産にも悪い影響が及ぼされますので、もしも感染した場合はジスロマックで治療しなければなりません。

妊娠中にクラミジアに感染していると、絨網膜羊膜炎が起こってしまい、流産や早産の原因となる可能性があります。クラミジア自体が流産や早産を引き起こすわけではありませんが、胎児の卵膜に感染することで絨網膜羊膜炎が引き起こされて出産に悪い影響が及ぼされるのです。妊娠初期には妊婦健診を受ける人が多いですが、そこで感染していなかったとしてもその後感染する可能性があるので、妊娠初期だけではなく継続して妊婦健診を受けることが大切であり、感染していた場合はジスロマックで治療しましょう。

奥さんが妊娠している間に風俗で夜遊びをしてしまう男性は少なくありませんが、それが感染経路となって家庭に性病を持ち込む可能性があるのです。妊娠していても無理のない範囲であればセックスを行うことができたり、オーラルセックスを行っていたりする夫婦も多いので、それらが感染経路となって妊娠中の女性がクラミジアを発症する可能性もあります。風俗遊びが原因で妊娠中の女性が性病になってしまったら、信頼関係が崩れるだけではなく胎児にまで悪い影響が与えられることがありますので、男性も気をつけるようにしなければなりません。

クラミジアは自覚症状を持ちづらい性病なので、感染に気づくことができないこともあります。自覚症状がないとしても感染に気づかず放置してしまうと、妊娠や出産に影響を与えることもあるので、男性も女性も定期的に検査を行うことが大切です。もし感染していた場合は、クラミジアを完治させることができるジスロマックで症状を改善しましょう。